いつかは保育所を開園したい人へ向けた情報を発信していきます。
mixiのコミュ「いつかは保育所を開園したい」からスピンアウトした情報満載のブログです。

自己資本は?

今回は資本に関して。

低資本で始められる保育所運営。
低資本といっても、今流行りのネットビジネスみたいにはいきません。
元でゼロで○○万儲けたー!
なんて誇大広告に流されてはいけません(笑)

では幾らぐらいでできるのでしょうか?

私の場合、
1園目は、800万円くらいで。
2園目(引越す前)は、100万円
3園目は、350万円くらいでできました。

それぞればらつきがありますね。
出す場所によってコストは大きくかわります。
1園目は掛けすぎ。
2園目はもともとやっていた場所を借りたため安く。
3園目は、経験から良い場所を発見できた。

ただ上記の中で、もっともスムーズに黒字化したのは3園目。
開園2ヶ月にして収益を出すように。
これも経験からか。

開業費は、350万くらいでできても運転資金で150万くら必要。
何があるかわからないのでね。

そうするとやはり自分一人でやる場合は、最低500万は必要です。

ではその資金の調達はどうやりましょう?

私の場合は、500万円を国民生活金融公庫から借りました。
当時は利率も低く支払いも開業までの間利息のみでよかったのです。
非常にありがたかったです。

事業として保育ビジネスをお考えのかたは、ぜひお金を借りるということをしてください。
多店舗化するためにはどうしてもお金が必要です。
またお金をかりることも経験。しっかりと返していくのも実績になります。
潤沢な資金がある方でも、お金を借りると現金が増えるので安心して事業に取り組めます。

ただ、家業として事業リスクをなるべく負いたくない人は全て自己資本で行うのがよいでしょう。

よりライフスタイルにあった方法で資本を集めてくださいね。

今日はここまで。


もしより詳しい生の情報が欲しい方は是非保育所開園セミナーへおこしくださいね!
こんなにノウハウ公開してもよいんですか?と心配される内容のセミナー。
遠方からの参加の方も多数いらっしゃいます。
みなさん応援ありがとうございます!
↓↓↓↓
セミナー参加者募集中。
http://www.manyhappyseed.com/edu/tokucho.html

興味のある方は是非ご参加くださいね!

短期間でスタート、そして黒字化へ

今日は2つのことを。

1.準備期間の長さ

私が、最初の保育施設を始めたのは2004年9月。
準備を始めたのは、2004年3月。

約半年掛かっていました。

2007年6月に3つ目の保育施設を立ち上げました。
そのときは、4月中旬に決心し、4月待つには物件を契約し、6月18日に開園。

たった2ヶ月での開園です。

2.収支は?

それでは収支はというと、最初の園では黒字化まで3ヶ月掛かりました。
効果的なマーケティング展開はでき、開園イベントには約60組の家族が訪れました。
施設定員が20名強の施設ではかなりな数です。

ただ、その時しっかりとセールス(園の特色をアピール&クロージング)をすることができず、契約数0と大惨事に陥りました。

正直お先真っ暗。どうすればいいのか全くわからず。

そこから考えられることを全て行い、無事3ヵ月後の11月に黒字化へ。

あのときの感動は今もわすれません。

そして現在、たった2ヶ月で立ち上げた園。
収支はどうかというと、7月には黒字に。

1ヶ月での黒字化に。

この3年間の経験が成果に結びつきました。

短期間で、立ち上げ、短期間で収支黒字にできるビジネスって中々ないですよね。
しかも社会貢献になる。

もしより詳しい生の情報が欲しい方は是非保育所開園セミナーへおこしくださいね!
こんなにノウハウ公開してもよいんですか?と心配される内容のセミナー。
遠方からの参加の方も多数いらっしゃいます。
みなさん応援ありがとうございます!
↓↓↓↓
セミナー参加者募集中。
http://www.manyhappyseed.com/edu/tokucho.html

興味のある方は是非ご参加くださいね!

保育ニーズ

保育のニーズは年々増えてきている。

これは肌で感じています。

特に2007年問題の団塊の世代が引退していくなか、家庭の主婦に労働力として出てきてもらうという図式。

例えば、保険会社。
どの会社でも、女性の生保レディーの確保に躍起になっている。

そこで、第○生命さんは、1年間の給与保証と、月2万円程度の保育園を利用者への手当てなど、まさに働く女性のためにどうすればよいかいつも改善している。

私の園でも保険会社と提携し、利用を促している。

他にも運送倉庫業でのパート職員を募集する際に子供をあずけられないければ働けないという人が多い。
そこで提携をした保育所が必要となってくる。

こういった実例がいくつもある。

保育ニーズはまだまだこれからも伸びていくのだろうと思う。

保育事業のデメリット

久々の更新です。

保育事業のデメリットについて。

事業というのは、お金の面では投資とリターンで成り立っています。
そこで分母と分子という考え方があります。

  分子:売上・利益
−−−−−−−−−−−−−
  分母:投資額

このように考えていくと、分子である売上に制限がある保育ビジネスは価格弾力性が低いので、投資効率を上げるのは分母の額を減らすことが重要になってきます。

投資額を押さえて、売上を安定的にすることによって、魅力あるビジネスになるということです。

安定的に売上を上げるにはどうすればよいかというと、
日々のケア(保護者、施設、従業員)がとても大事だということ。

ちょっと話はずれましたが、保育事業で独立されたい方には、継続することによって安定性がますために、続ける意思があるのか再度考えてみてくださいね。

今回はちょっと厳しい内容でした。

第3回保育所開園セミナー

ご無沙汰しております。
最近更新が中々できずにいました。

さて今回は開園セミナーの告知です。

今まで2回、開園セミナーをさせていただきました。実地後のアンケートに大変参考になったといってくださる方ばかりで安心するとともに、こんなにも多くの方が自分の保育所をやりたいという想いがあることに感動いたしました。

ここのところ忙しく開催を見送っていたのですが、セミナー運営を協力してくださる方とお会いできたので、再開することとしました。

もしご興味がある方いらっしゃいましたら、次のサイトにてお申し込みをお願い申し上げます。
http://www.manyhappyseed.com/edu/sementory.html

**講座詳細**

日時 2007年8月26日(日)10:30-12:30

場所 ちよだプラットフォームスクエア5階

アクセス こちらよりご確認ください
     http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/

受講料 5,250円(税込)

支払い方法 銀行振込み(前払い)
      もしくは佐川eコレクト現金代引


内容 テナントスペースを利用した定員数15名〜40名
   程度の保育施設の立ち上げ方法
   小資本でリスクを最小限にした開園方法を公開します。
   認可保育園のような大きな施設を設置したい方は
   参考にならないことが多いのでご了承ください。

夢をもつ皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

保育所運営のメリット

保育所運営のメリット

26歳のとき独立し、現在2園と6月3園目の開園着工中の私が、
なぜ保育所ビジネスに目をつけたのかをお伝えします。

大学を卒業するとき、会社勤めは3年ときめ、大手一部上場会社に入社。
3年間全力投球し、いよいよ3年目が終わろうとしていたとき、
はじめて何をすべきか深く考えました。

ただ物を売るだけ、利益を上げるだけではない、社会貢献ができる
事業がよいと考えました。

ただ慈善事業ではなく、しっかりと収益を上げた上で社会貢献ができる
ビジネスはないかと。

そこで、ある新聞に保育市場が10年連続の2桁成長の市場だと書いてあり、
コレだー!!!と飛びついたのがきっかけです。

そこで調べていくと

 ■待機児童の問題
  保育所が少なく働きたくても働けないお母さんが多い。

 ■良い施設の不足
  安心して預けられる保育施設の不足

といろいろと市場として好条件である調査結果がでてきました。

さらに色々調べていくと、非常に緩やかな市場であることがわかり
ちょっとでもマーケティングのスキルを持ったものが参入すれば
すぐに軌道にのるのではという仮説が生まれました。

実際、開園後3ヶ月で黒字化し、その後一度も赤字になっておりません。

改めて、保育所経営のメリットをお伝えします。

 ○低資本で、安定的な収益を生める保育ビジネス。
  月50万〜80万の利益は十分可能。

 ○子供達に囲まれ、充実した日々を送れる保育所経営。
  子供達の笑顔がパワーの源です!!

 ○緩やかな市場だからこそ、長期的安定的に運営が可能な保育所市場。
  しっかりしたマーケティングで安定経営。

 ○資格がなくても運営可能。
  私も保育士ではありません。
 
 ○多店舗運営もすぐに可能。
  現在2園経営、3園目着工中

 ○オーナーは半ば不労所得状態でビジネスを管理できる。
  保育所のほか、2つほどビジネスをしています。
  まったく問題ありません。

等等、良いことが多いです。

次回はデメリットをお伝えします。

それではまた!

保育所を開園するための第一歩

このブログに来ていただいた方は、いつかは保育所を運営したいって思っている方が大半ではないかと思います。

ただ、漠然と考えているだけでは実現はしないでしょう。

人間は、自分が想像できる範囲のことしか実現しないと思います。

もう一度言います。

自分が想像できる範囲のことしか実現しません

つまり、とことん自分がやりたい保育所をイメージし、

また、それを紙に書き出してください。

もう一度言います。

想像したものを紙に書き出す


おめでとうございます。

たったこれだけすれば、第一歩クリアーです。

まずはアイデアを紙に落としこんでいきましょう。

そこで有効なのが、マインドマップなる手法です。

詳しい説明は、マインドマップと検索をかけていただければすぐに出てきます。

僕自身、このマインドマップを大学ノート1枚半に書き出しただけで、この保育所ビジネスをまとめ、実行し、成功させました。

紙に具体的なアイデアをマインドマップしただけです。

ぜひ皆さんもトライしてみてくださいね!
タグ:保育所 開園

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。